新着情報

2012年7月11日の記事

職場改善委員会第8回会議の開催

職場改善委員会第8回会議の開催 

7月11日(火) 午前、第8回(H24年度2回目)の職場改善委員会を実施しました。
従業員代表はもとより、17名の参加がありました。
議題は今年度の実施計画の実施状況の報告、会社側代表者と従業員との意見交換等を行いました。
☆従業員の意見で職場改善を図る為の責任者には従業員副代表の「西野健二」氏が決定しています。
☆有給の取得については7月11日現在で平均25%の取得が出来ています。(年度内には90%の取得目標)
☆今年度はノー残業ウィークの設置を4度ほど計画していますが、第1回目は7月30日(月)~8月4日(土)の週に決定しました。初めての実施ですので結果は分かりませんが、全員がノー残業で乗り切れるようにしたいと思っています。
☆職場改善に関してのアンケートを実施しました。
 1 有給休暇(90%)の達成について       達成できる【62%】出来ると思う【24%】無理【14%】   
 2 残業時間15時間/週の達成について   達成できる【48%】出来ると思う【33%】無理【19%】  
 3 長期有給休暇の有効利用について            出来る【33%】出来ると思う【48%】無理【19%】  【】【】か
 4 個人的に配慮の必要な事情について    有る【38%】どちらかといえば有る【47%】無い【14%】  【】【】か 
  5 職場改善の取り組みの意味について    有る【28%】どちらかといえば有る【67%】無い【5%】


☆休暇利用制度のパンフレットの配布について
  ●長期休暇制度の企業取り組み例
  ●夏季の休業・休暇の分散化。長期休暇と観光の促進
  ●労働時間見直しガイドライン活用の手引き
  ●経営に良く効く休暇
  上記のパンフレットを回覧・掲示しています。
従業員からの意見・要望・提案
  ☆仕事用の携帯電話の貸与を希望します。→7月より実施済
  ☆退職金積立制度に加入を希望→今後共従業員の意見を聞いていきます。
  ☆仕事が忙しくて残業が常にある人と、そうでない人の差を改善できないか?→
    お昼のミーティングを開始して以来リーダーや管理職が部下の毎週の残業状態を把握でき用に
    なった。あとは継続的にこの方式を続けて、リーダー・管理職の采配によって仕事の共有と分散化
    を推進していきます。日報を速やかに提出することが必要


事業主と従業員の意見交換の場
 部署別の仕事が以前にもまして偏ることの対策を会社として考えてほしい。
 新人教育のやり方について考えてほしい
 新規事業の展開の理由と適正な人員配置を考えてほしい。
 以上の様な意見がありました。



 

 【】【】か