新着情報

2012年12月21日の記事

第4回(通算第10回)職場改善委員会開催しました。

12月21日午前10:00より【第4回(通算第10回)職場改善委員会】を開催しました。
会社側から今年の有給・残業時間の取り組み状況が報告されました。

1  有給休暇 12月14日現在 有給休暇の取得率は全従業員平均 71%
   計画的有給休暇の付与については全員消化完了で100%の実施率となりました。(^O^)/
   労働省の取り組み目標はクリア出来ましたが、当社の目標が90%と高いところにあるため、
   残り2ケ月で少しでも90%に近づくよう、各従業員に割り当て済の日程を消化するよう会社から
   の要望がありました。

2  残業時間の平均値 11月末日現在 15.3時間/人・月
   昨年度に比べ格段に減っていますが、今年度の会社目標が15.0時間なので、あと少しのところを
   全員が残業削減に努め目標を達成できるよう要望がありました。


前回から今回の会議の間に、個人の要望、セクハラパワハラなどの申告は有りませんでしたが、それ以外で下記の意見が出されました。

1  従業員の中には、子育て、介護等【特に配慮を要する従業員】が多くいるため、現在職場改善委員会
   で議題となっている、該当の従業員に対する特別休暇の付与等今後も議題に挙げていってほしい
    
    会社回答:この問題は今年度で終わりにするのではなく、今後も話し合いを持ち、従業員の意見を
    聞いてより良い方向に改善していきます。


2   残業を減らす取り組みの中で、他部門との仕事の再分担による残業の削減は各部門長同士の
    話合いが不可欠。お昼のミーティングで仕事が偏っていることが明白になった場合など、部門長
    同士の話し合いの場を作ってはどうか
    
    会社回答:部門を超えて問題を提起し解決していくため、【リーダー会議】のような部門長会議が
    できるように年始の会議で提案します。


    以上のような内容でした。社内には会議の結果を掲示および回覧をします。

第4回職場改善委員会の模様